【ノベルティ制作についてのお知らせ】見本市・自社イベントで人気のオリジナルPPエコバッグは5ヶ月前にご注文ください。
ドイツで印刷・ノベルティグッズ・Web製作

Food & Life 2023 -Winter 料理・飲料・嗜好品展示即売会

Food & Life 2023 料理・飲料・嗜好品展示即売会

開催期間 2023年03月9日〜12日 (9:00〜18:00)
*初春季開催
場所 ドイツ・新ミュンヘン国際見本市会場
開催周期 毎年開催
WEB www.food-life.de
特記 2023年同時開催:Heim & Handwerk,
GARTEN MÜNCHEN
次回:2024年 02月28日〜03月03日

 

南ドイツ最大の食に関する全ての情報とイベントが楽しめるFOOD&LIFE。2022年から春(3月)と冬(11月末)の2回開催に。 蒸留所や醸造所のアルコール類から飲料系、ショコラティエ、肉類から有機製品の生産者に至るまで、ドイツだけでない世界の特産品が提供されます。 同時開催のHeim+Handwerk と合わせて 30 か国から 806社が出展。(2023年)
参考・引用元:Food & Life

Food & Lifeの記事 →  Food & Life

夕方は少し寂しく感じるが、会場内は歩きやすくなっているのは好印象。

共同開催のHeim+HandwerkとFood&Life合わせて、30 か国から 806社が出展。 参加者総数はおよそ60000人でした。

今年は悪天候に遭い、開催中の1日(土曜日)はミュンヘン市内の交通機関が運休となり、見本市会場もやむなく閉館となりました。通常土曜日、日曜日が最も来場者が多いため、とても残念な結果になりうるところでしたが、根強い人気と主催社の粋な計らい=日曜日は無料入場に変更 で多くの来場者に恵まれ良い結果をもたらしました。

ちなみにミュンヘン市内の交通機関が大雪で完全運休は10年以上ぶり。滅多にないハプニングとなりました。

通常Food & Lifeは冬に行われますが、今年は初の春開催が行われ、来年の春もまた開催されます。 その分冬季のクリスマス前のシーズンが少し縮小傾向にあったかもしれませんが、今回はフードトラックコーナーが出来、いつもとは少し違った試みも行われていました。

スタートアップは前回より少しパワーダウンも否めないが少数精鋭という印象も

また共同開催のHeim+Handwerkでは、B6ホールにはいつものサウスチロルエリアと今年初めてビューティー&ウェルネスエリアを設置し、いつも以上に生活に寄り添った商品が数多く展示されました。同じ見本市会場の反対側では2日間重なって開催されたISPO(ウィンタースポーツの展示見本市)でもスポーツ・ウェルネスエリアもあり、いま、市民の関心がどこにあるか、を感じ取ることができます。

今回もA4ホールに”FOOD.Start.ups”エリアが出現。 今回は22社が参加していました。 クッキングステージではfoodchanger2023というイベントも行われ、投票で決められる優勝者には3000EUR相当のマーケティングメディア企画や人気雑誌Lust auf Genussでのインタビューに、REWE(南)のテストリストに登録の可能性が出てきたりと、ワクワクするような賞品も用意されています。

Preisverleihung der #foodchanger2023 auf der Kochbühne der FOOD & LIFE 2023. Gruppenbild aller Teilnehmer am #foodchanger2023 auf der Kochbühne der FOOD & LIFE 2023

今年の勝者はheynuts, best foodies, kokuvin そして Yak Thaiでした。 参加者全員の集合もとても楽しそうで、和気あいあいとした雰囲気。

これが無いとね、というフードショー。 今年は有名パティシエも出場して足を止めて見学する人も多い。夕方の時間でも見学人がいます。

ピックアップ

ギリシャからは名産から食以外の名産品・石鹸やコスメも

ギリシャエリアも今年も健在。イタリアンチーズとサラミも美味しいけれど、ギリシャのオリーブやハチミツも定番になりつつある気がします。オリーブはやっぱり美味しい。

装飾もかわいい雰囲気で吸い寄せられる

クロアチアはパビリオンとしては出展していなかったようですが、複数が固まって出来たクロアチア名産品が揃っていました。 チョコレート製品もあれば、お魚やおいしいフルーツ酒も。まだまだ日本では珍しいとされる品が見つかるのが楽しい。

新しい美味しさとの出会いを求めて ワイン

Food&Lifeの楽しさのひとつは試食や試飲で購入前に味を楽しめるところ。 特に酒類の試飲は調子に乗っていると非常に危険です。

今回もワイン業者、生産者は多くいますが、今回はその中でもふたつが私的ヒットでした。一軒はこちら。

楽しいワイン生産者 Strubのご夫婦

Engelstadtというマインツの少し南(南西)にある場所でワイン農家を営むお二人 Weingut strub。 ワイナリーには訪ねていくことも可能とのこと。さまざまな賞を受賞する自慢のワインたちですが、本当にさっぱりとして、ワインの旨味も感じられて美味しかった(語彙力が乏しいですが)上に、価格がとても良心価格。

この美味しさでこの価格なら箱買いする人も多いはず。

もう一軒は Villa CONTEA SA 陽気な社長、普段はマヨルカに在住だそうですが、赤、白、泡と全て美味しかったけれど、特に赤のL’Appassimento” は衝撃的。 香りも良く、赤の濃厚さもフルーティーさもあるのに、後味にまったくタンニンを感じないようなスッキリ感。ワインは酸味が、苦味が、口に残る後味が、苦手という人におすすめです。

チョコと一緒に食べるとより美味しいとのこと。今回は出展数自体はそこまで多くはなかったものの、食事も飲み物もアタリが多かった印象です。

陽気な社長さん お勧めしてくれて試飲したすべてが美味しかった

 

画像で見るFood & Life

奥の見慣れた麺だけ毛色が違う

バイエルン州のアカデミーからの出展作品ですが、なにか奥の方に毛色が違うものがあるけれど・・・どれも甘いお菓子です。 パティシエのセンスもさまざま。

素朴感あふれる美味しそうなパン

ただの普通のパンではなく、いろいろ美味しいものが生地に練り込まれたパン。昔ながらの〜という感じのパンは見た目は地味かもしれないが、やっぱり美味しい。最近派手な見た目のパンも多くなっていますが、こういう素朴さも残ってほしい。

ハリボ

ハリボが出展しているのか、ハリボを取り扱うお店なのか、やっぱりハリボのクマは目立ちます。

黒ニンニク

買おうかどうしようか迷った黒ニンニク。 どうして黒いのか聞こうと思って聞けずじまいに。また次回出展していたら、こんどこそ聞いてみようと誓い、今年のフード&ライフも楽しんできました。


弊社では、企業や店舗のドイツでのメッセの出展準備からアフターフォローまでサポートに加えて、個人の見本市の視察サポートや通訳手配、気軽なご案内も承っております。 各種サポートが必要な時はお気軽にご相談ください。 詳細は以下のリンクからどうぞ

 

error: Content is protected !!